スポーツ障害治療

スポーツでのケガの治療について

当院のスタッフは、トレーナーとしての実績があります。

スポーツトレーナー実績があるスタッフが揃っていますので、スポーツ障害の


治療は安心してお任せください。

捻挫・打撲・骨折・脱臼・肉離れ・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘・腱鞘炎・ジャンパー膝・アキレス腱炎・リトルリーガー・オスグッド・シンスプリントなどスポーツでの様々なケガの治療に対応しております。

踵骨骨端炎

踵骨骨端炎(しょうこつこったんえん)とは、踵骨に付いているアキレス腱が過度の運動を行うことで盛り上がり痛みが発生します。この炎症は運動だけではなく、骨の成長に筋肉の成長が伴わなくなり長さのバランスが崩れた場合にも起こります。成長期 (8~13歳)の子供によく見られ、特に男子の発生率は女子の2倍となっています。踵骨骨端炎は、成長が落ち着いて筋肉と骨の発育が進むことで治まります。しかし、成長期の過度の運動は捻挫などの合併症を伴う危険もあります。できるだけ運動は控えるように指導を行うことが大切です。
主な症状:アキレス腱付着部の圧痛・隆起・腫れ、ジャンプなどの急激な動きで痛みが増強、症状が強い場合は歩行時や安静時にも痛みなど

シンスプリント

シンスプリントは、脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)とも呼ばれる症状で、ランニングやダッシュなど、脛骨に過度の負荷をかける運動を続けることによって起こります。
骨膜に刺激を受けた結果炎症が発生し、太もも内側面に鈍痛が走ります。
この症状は運動によってさらに症状が悪化し、最終的に日常生活でも常に鈍痛を感じるようになってしまいます。
主な症状:運動時や運動後のふくらはぎの内側(中央から下部)の痛み

主な治療方法

湿布、塗薬、マッサージ、超音波療法、低周波療法、冷却療法、温熱治療、包帯、テーピング、ストレッチなどスポーツ外傷の治療は、その原因によってさまざまです。
当院では健康保険を使って治療を受けられます。

当院ご案内

受付
時間
11:00~13:00
16:00~22:00

※11:00~17:00

ライト整骨院
  • 所在地
    〒135-0002


    東京都江東区住吉2-7-10


    阿久津ビル1階
  • 駐車場なし
  • 電車でお越しの場合
    新宿線/半蔵門線 住吉駅より


    徒歩約30秒
03-6659-4019
LINE予約はこちら

アクセス